日高屋「味噌ラーメン」¥570

2022/9/9(金)。

17:00ごろ、「日高屋」さんへ。

こんな時間でも店内1階はほぼ満席で、空いていたカウンター席に着く。そしてタブレットで「味噌ラーメン」(¥570)を注文。以前と比べると¥30値上がりしており、この日は「餃子(3個)」はやめておいた。後客それなり。

数分で料理が到着。モヤシ、ニラ、ニンジン、豚肉をスープと一緒に炒めたものが載ってる味噌ラーメン。看板メニュー「野菜たっぷりタンメン」と違ってキャベツは入ってないけど、モヤシを中心にボリューム大で、こちらも野菜たっぷりって冠してもいいのではといつも思う。

机上に置かれた伝票を持ち、タブレットの会計ボタンを押し、出入り口近くのレジでお会計して店を出る。値上げ、仕方ないのだろうけど庶民にとってはつらいですよね。

ごちそうさまでした。

●日高屋「味噌ラーメン」¥570
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→満足。

お水は適宜ポット有り。

てんや「国産秋天丼」¥890

2022/9/8(木)。

14:55ごろ、「てんや」さんへ。

店内は先客4組5人で、後客はぽつぽつ。空いていたカウンター席に座り、メニューを見て、季節メニュー「国産秋天丼」(¥890)を注文する。

5分ほどして料理が到着。丼にはカキ、サンマ、マイタケ、カボチャとサツマイモと秘伝豆のかき揚げの天ぷらたち、野沢菜漬け。ワカメとネギのみそ汁付き。昨年はカキ、ムラサキイカ、マイタケ、カボチャとサツマイモとぎんなんのかき揚げの天ぷらだったので、少し変えてきましたね。

播磨灘産の蒸しガキは、毎年のことながら美味。三陸産というサンマに期待していたのだが、ちょっと身が薄かったかな。マイタケは相変わらずのおいしさ。やはりキノコ類は天ぷらが一番だなと再確認した。秘伝豆というのは山形県産らしいのだが、何とも不思議な感じだった。

卓上のタクアンを適度にいただきつつ、サッと完食。伝票入れに刺さった伝票を持って、入り口近くのレジでお会計して店を出る。

ごちそうさまでした。

●てんや「国産秋天丼」¥890
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→満足。

お茶はお願いしたら注いでくれるはず。

小諸そば「かき揚げ(卵付き)」¥480

2022/9/7(水)。

15:15ごろ、「小諸そば」さんへ。

券売機でいつものように「かき揚げ(卵付き)」(¥480)のボタンを押し、この日は「温かいうどんで」と告げる。

店内は半分弱ほどの入りで、後客もちらほら。待ち客1人で、すぐに料理が到着する。

具はイカゲソ、タマネギ、ニンジン、長ネギなど他チェーンに比べて具だくさんのかき揚げ、季節の青菜、かまぼこ、そして卵。

卓上の壺から白ネギを入れ、半分くらい食べたら卵を崩し、七味を振り掛け、完食。相変わらず、小諸そばさんのうどんつゆはおいしいですねぇ。どこもかしこも値上がりする中、ワンコインでおいしいものが食べられるのはありがたい。

ごちそうさまでした。

●小諸そば「かき揚げ(卵付き)」¥480
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→満足。

お水はウォーターサーバーあり。