なか卯「豚テキ重」(¥690)

2018/2/1(木)。

13:50ごろ、「なか卯」さんへ。

券売機で新メニュー「豚テキ重」(¥690)を買い、空いていたカウンター席に着いて、店員さんに券を渡す。 結局、気になって来てしまった。

店内はほぼ満席で、後客もそこそこ。

そんな中、3分ほどで料理が到着する。具は、千切りのキャベツ、紫キャベツ、ニンジンの上に、ウスターソースをベースにタマネギと炒めた一口大の豚肉たち、そして白ゴマ、頂点にミツバが少々。別皿で和からし付き。

豚肉はなかなかに柔らかく、丼ではなく重なので食べ応えもある。白ゴマは肉とキャベツの間にもいたから、後から振り掛けたんじゃなくてタレの中に入っているのだろう。普段、ウスターソースって食べ慣れていないので(冷蔵庫に常時入っているのは中濃ソース)、肉も野菜もご飯も同一の味わいでは厳しいかなあと思ったけど、和からしのおかけで最後まで楽しめた。和からし、あなどっていたら、ツーーンと鼻にきましたわ。

そしていただいた「なか卯×けものフレンズ」のカード?
開けずに捨てるか、開けてから捨てるか、それともフリマアプリでも始めてみるか…

店内に貼られたメニューを見ると、2月中旬より「鰤丼」(¥890、去年より¥100アップ)スタートとのこと。もしかして、人気あったのだろうか…。

ごちそうさまでした。

●なか卯「豚テキ重」(¥690)
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→好みでいえば「牡蠣とじ丼」(¥690)の勝ちだけど、満足度でいえば豚テキ重の方に軍配が上がるのかも。

お茶のポットは適宜あり。